じぶんを変える英語学習

じぶんのために、英語を学ぶ

【22日目】単語帳不要論について考える

単語帳、使う?使わない?

 

勉強のやり方は人それぞれ。

 

それでも、たまに見かける

単語帳を開いて暗記なんかしてはダメ!」という意見。

 

出会った単語をその都度覚えていけばいい。

という根拠に基づいているみたいだけれど、

今日はその単語帳不要論について考えるきっかけが2つあったので、

書き出してみる。

 

①単語帳不要論パターン

観光客が訪れるようなテーマパークは、

英語学習者にとって、実は楽しい勉強の時間になる。

 

展示されているものの説明が、

親切に日本語と英語両方で書いてある。

すぐにその場で意味の答え合わせができるのは、

大変ありがたい。

 

そして、多少なりとも興味を持ってその場を訪れているわけで、

「読みたい」「意味を知りたい」という欲求があるから、

一生懸命、日々トレーニングしている英語脳の実践演習になる。

 

そんな中で、今まで見たことのない単語に出会うと、

 

「うわーーーーー!

これ、知らんかったーーーーーー!!!」

 

と、何だかテンションが上がってしまう。私に限り。

 

和訳と照らし合わせて、単語の意味を特定する。

嬉々として、一応スマホでも調べる。

 

でも・・・

10分後にはその単語のスペルと発音はウロ覚えになってしまった。

私に限り。

 

今も、スペルが正確に思い出せない。

その単語とは、dwarf(小人)

 

 

②単語帳必要論パターン

受験勉強のように、ひたすら単語帳を赤シートで隠し、

日々のノルマを決めて、淡々と粛々と覚えていく。

 

勉強してから24時間以内に9割は忘れる、

といわれる脳みそを恨みながら、

忘れては確認し、忘れては確認し、を繰り返す。

 

ウロ覚えであることを見て見ぬふりをしながら過ごしていたら、

ある日突然、その「ウロ覚え単語」に

運命的な出会いをしてしまった。

 

 

「これかーーーーー!

ここで使うのかーーーーー!」と、

 

 

これまたテンションが上がる。私に限り。

 

今まではきれいに並べられたぬいぐるみのように

ただコレクションされているだけだった英単語たち。

(ホコリをかぶったものもある、絶対)

 

それが、あたかも命を吹き込まれて,

生き物になるような瞬間だった(大袈裟)

 

絶対忘れないよ、invoice(請求書)

 

 

結局、いるの?いらないの?

同じ日に2つのエピソードが起こったわけだけれど、

 

私の結論としては、

 

やっぱり単語帳は

あった方が覚えやすい!ということ。

 

確かに初めて出会う単語へのトキメキ感は、

単語帳不要パターンの方が大きいかもしれない。

 

 

機械的に並んだ単語を覚えていて、

これも知らなかった、あれも知らなかった、

え・・・このページほとんど知らないわ(苦笑)

みたいな時って、結構しんどいものね・・・。

 

 

だからその出会った時のトキメキを大事に、

マイ単語帳を作って反復すれば、

それは素晴らしい学習方法なんだと思うし、

語学学習を楽しむことの本質に近いような気もする。

 

でも、その作業も結構気の遠くなる話で、

「趣味は語学学習です」っていう時にはいいんだけれど、

 

ある程度スピード感が必要な自分には、

ざーーーっと先に目を通すプロセスが必要。

スペルも発音も何となく知っていて、

流れの中でもう1度出会う方が、定着率がいい気がしている。

 

 

つまり、

 

単語帳不要論は「出会い」を運命と感じるパターン

 

単語帳必要論は「再会」を運命と感じるパターン

 

なんだと思う。

 

 

だんだん自分でも何を言っているかわからなくなってきたけれど(笑)

 

結局は自分に合った方を選べばいいってこと。

もちろんミックスしてもいいし。

 

単語のストックをたくさん持って、

いろんな素材を読んだり聴いたりして、

あー、この間やったのが出てきた!って喜んで。

さらに知らなかったことにもワクワクして。

 

最終的にはどっちも、ってことになるのかもしれないけど、

今の私にはあなたが必要。単語帳様。

 

 

机に座って、一人腰を据えて勉強できる時間は

ほぼ皆無な休日。

それでも英語に対するアンテナが立っているのは、

勉強を継続しているからこそなのかも。

 

【本日の学習】

 ●英文解釈

  入門英文問題精講

 ●英文法

  神速100

 ●単語

  Stock4500 3セット目 2/5

       神速100

 ●発音

  英語耳で理論を学ぶ

 

▼ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村